クリアフットヴェールで水虫は治る

管理人

私の水虫の感染源とその歴史

管理人のスノボの様子

私は2016年で42歳ですが、足のかゆみを感じたのは、私が就職して一人暮らしを初めてした部屋です。だから23歳ぐらいではないかと思います。

当時は、冬になるとよくスノーボードに行っていました。スノボの後は、温泉も楽しみました。夏は好きではないのであまり外出しません。

と考えると、白癬菌が温泉で感染し、冬の間は潜伏していたのが、だんだんと温かくなって、活動を活発化していったのではないかと思います。

ただ、お恥ずかしい話、42歳になり、妻にかなり強めに何度も「水虫かもしれないから病院に行け」と言われるまで、行きませんでした。というか、「自分が水虫なんかになるわけない!」と思っていたからです。

そう思っていた理由は、水虫が不潔なおっさんがなるものだと思っていたからです。多分、テレビかマンガの影響ではないかと思います。水虫が恥ずかしい病気だと思われているのは、恐らくこのイメージがあるからだと思います。

水虫を長期間っておくと、私のように「趾間型」、「小水泡型」、「角質増殖型」、「爪白癬」の4種類の水虫すべてをコンプリートすることになりますし、手にも感染します。手以外の身体のどこかにも感染します。また、大切な家族にも感染させる可能性が大です。ぜひ、キチンと治しましょう。


水虫改善に効果あり!クリアフットヴェール

goodクリアフットヴェール 竹酢液・ティーツリー・サリチル酸・CPL配合!

label

水虫は一度かかるとなかなか治りにくいと言われています。症状が収まってもまだ、原因菌の「白癬菌」が残っているからです。水虫の治し方は、水虫の患部を殺菌するだけでなく、その周辺はもちろん、足の側面やアキレス腱付近もケアする必要があります。皮膚科で処方される薬や市販の薬は容量が少ないので、十分なケアを難しくさせています。クリアフットヴェールは25g入っており、良く伸びます。これまで何度も水虫を再発してきた人、水虫治療を初めてする方は、クリアフットヴェールで症状を改善してみませんか?

PAGETOP