クリアフットヴェールで水虫は治る

成分

クリアフットヴェールの成分とその役割

クリアフットヴェールは全部で16種類の成分でできています。

それぞれの成分がどのような役割や意味があるのか、それらが合わさったことで、メーカーの来たの快適工房がどのような考えを持って、クリアフットヴェールを設計したのか、推測します。

seibun2

クリアフットヴェールの成分とその役割

クリアフットヴェールの16種類の成分は、次の通りです。

水、BG、グリセリン、竹酢液、カキタンニン、サリチル酸、ポリ乳酸、硫酸(Al/K)、ステアロキシヒドロキシプロピルメチルセルロース、乳酸Na、クエン酸Na、クエン酸、トコフェロール、ティーツリー葉油、エチルヘキシルグリセリン、フェノキシエタノール

成分その1 水

化粧品に入っている成分表示は、配合されている成分が最も多い順に記載されています。水が一番最初に書いてあるということは、水が最も多いということです。

化粧品における水の役割は、濃度調整、保湿です。

濃度調整とは、化粧品に入っている成分の濃度の調整です。

水虫の原因の白癬菌には竹酢液が効果的ですが、原液を直接患部に塗るのは、刺激が強すぎます。竹酢液は様々な用途に使いますが、その際、数十倍~数百倍に薄める必要があります。

成分その2 BG = 1,3‐ブチレングリコール

聞きなれない成分ですが、保湿の為に配合されています。水とよくなじみ、配合するとしっとりします。安全性の高い成分です。

成分その3 グリセリン

グリセリンは、どこかでその名前を聞いたことがあると思いますが、化粧品に配合する目的は、保湿です。吸湿性が高く、保湿剤の王様と言われています。食品添加物としても使用されるほど安全性の高い成分です。

成分その4 竹酢液

竹酢液は、殺菌、抗炎症、肌の代謝活性化のために配合されます。水虫の原因である白癬菌に効果があります。

竹炭を作るときにできる煙を液化して作られます。虫除け、入浴剤など、様々な用途に使用されますが、数十~数百倍に薄めて使用します。

成分その5 カキタンニン

柿渋の主成分です。柿渋は消臭石鹸で有名ですね。私は妻に使うように言われています。

消臭の他には、防腐、防虫の効果があります。竹酢液の香りはキツイので、それを抑えることと防腐の為に使用されていると思われます。

成分その6 サリチル酸

化粧品の成分を肌に浸透させる作用があります。クリアフットヴェールでは、白癬菌対策の竹酢液やティーツリー葉油を、白癬菌の住みかの角質に浸透させることが目的にです。

その他に殺菌、抗炎症作用があります。

成分その7 ポリ乳酸 = CPL

肌をきれいに保つ成分です。化粧品には研磨、スクラブ剤として使用されています。抗酸化作用や正常細胞の機能を高める働きがあります。とても高機能です。

成分その8 硫酸(Al/K) = 硫酸アルミニウム・カリウム(ミョウバン)

肌の収れん剤のある成分です。肌をきゅっと引き締める効果、キメを整える効果があります。白癬菌は、角質層のケラチンをエサにしています。クリアフットヴェールで改善できたとしても、ボロボロになります。それを少しでも整えるための役割を担います。

成分その9 ステアロキシヒドロキシプロピルメチルセルロース

水となじみのよい増粘剤です。保湿のために配合されています。

成分その10 乳酸Na

保湿のために配合されています。肌をみずみずしい状態に保ちます。人の角質層にある天然保湿成分(NMF)の1つです。

また、角質を穏やかにはがす効果(ピーリング)や収れんの効果もあります。

成分その11 クエン酸Na

角質を穏やかにはがす効果(ピーリング)や角質を柔軟にする効果があります。その他には、保湿や肌のPHを保つ効果、収れん作用があります。

成分その12 クエン酸

肌のキメを整える目的で配合されます。

成分その13 トコフェロール = ビタミンE

ニキビ用化粧品によく入っています。抗炎症作用があります。その他には活性酸素の除去に使用されます。

成分その14 ティーツリー葉油

竹酢液と同じく、白癬菌に効果のある成分です。とても殺菌力のある成分です。

成分その15 エチルヘキシルグリセリン

保湿、抗菌、消臭作用があります。

消臭は、竹酢液やティーツリー葉油の匂い対

成分その16 フェノキシエタノール

防腐剤です。緑茶から抽出します。安全性が高い防腐剤です。

クリアフットヴェールの成分から推測するメーカーの考え方

ここまでに16種類の成分を見てきました。

まず、いずれも安全性が高い成分です。合成の成分が少ないですし。

次に、保湿を重視していることが分かります。

ネットには、「白癬菌は乾燥が苦手なので乾燥させればいい」みたいなことが書いてあります。でも、白癬菌は角質に潜んでいます。出て行ってもらうには、肌の生まれ変わり(ターンオーバー)を促す保湿が必要です。

健康で清潔な肌は、適度な皮脂でおおわれています。この皮脂は、天然のバリアです。皮脂の分泌を促すためにも保湿は必要です。

そして、角質を柔らかにする成分と穏やかにはがす成分があります。これも白癬菌を退治する為には大事なことです。

ということから、メーカーは、「できるだけ安全な成分を使って、水虫を効果的に退治するだけでなく、退治した後にボロボロになりやすい肌を、少しでも速く健康的な状態に戻そう」と考えていると推測できます。

水虫改善に効果あり!クリアフットヴェール

goodクリアフットヴェール 竹酢液・ティーツリー・サリチル酸・CPL配合!

label

水虫は一度かかるとなかなか治りにくいと言われています。症状が収まってもまだ、原因菌の「白癬菌」が残っているからです。水虫の治し方は、水虫の患部を殺菌するだけでなく、その周辺はもちろん、足の側面やアキレス腱付近もケアする必要があります。皮膚科で処方される薬や市販の薬は容量が少ないので、十分なケアを難しくさせています。クリアフットヴェールは25g入っており、良く伸びます。これまで何度も水虫を再発してきた人、水虫治療を初めてする方は、クリアフットヴェールで症状を改善してみませんか?

PAGETOP